東京リウマチ・ペインクリニック(関節リウマチ、慢性疼痛、慢性疲労の専門クリニック)

  • 03-6202-9080(代表)
  • 03-6202-9081(予約専用)

診察
時間

【午前】9:00~12:00
【午後】14:00~17:00

東京リウマチ・ペインクリニック News

メディア掲載実績

  • ・一般向けヘルスケアサイト「HelC+」にて、以下の3テーマにて岡院長のインタビュー記事が掲載されました。 全身の痛みと疲労、線維筋痛症のスクリーニングチェック 線維筋痛症のチェックツール 全身の痛みを和らげる治療の最前線
  • ・4月9日(月)に発行される日刊ゲンダイに、人生100年時代の注目医療「線維筋痛症」と題した岡院長の記事が掲載されます。
  • ・3月19日、ラジオNIKKEI第1の「杏林シンポジア」にて、岡院長のインタビューが放送されます。詳しくはこちら
    なお、インタビューは「radiko.jp」からご視聴いただけます。
  • ・NHKが刊行しているNHKテキスト「きょうの健康」2018年3月号の「なんでも健康相談」にて、岡院長の記事が掲載されました。詳しくはこちら
  • ・岡院長が、KSK 線維筋痛症友の会会報56号 に寄稿いたしました。詳しくはこちら
  • ・岡院長が、KSK 線維筋痛症友の会会報55号 に寄稿いたしました。詳しくはこちら
  • ・ファーマトリビューンNo96に、「慢性疼痛患者の対応と主な治療薬」と題した岡院長監修の記事が掲載されました。詳しくはこちら
  • ・田辺三菱製薬株式会社が発行している「臨床のあゆみ No103」にて、当院と岡院長が紹介されました。詳しくはこちら
  • ・岡院長の論文が、日本運動器疼痛学会誌にて掲載されました。詳しくはこちら
  • ・ファイザー株式会社が開設しているファイザープロフェッショナルスに、岡院長が「動画で見る線維筋痛症の診断と治療」にて解説を行っています。
    なおこちらは会員制サイトです(https://pfizerpro.jp/cs/sv/lyrica/fmmovie/index.html)。視聴する際は会員登録が必要ですので、ご注意ください。
    なおM3.comのサイト(https://www.m3.com)からも閲覧が可能です。
  • ・医師向け最新医学・医薬情報サイトM3が公開している「出張説明会」に、当院が紹介されました。詳しくはこちら
    なおこちらは会員制サイトです(https://www.m3.com)。視聴する際は会員登録が必要ですので、ご注意ください。
  • ・5月14日(日曜日)深夜2時10分~2時40分に、KKB鹿児島放送の「ドキュメントかごしま」にて「見えない激痛 ~線維筋痛症と闘う~」が放映され、番組内で岡院長がコメンテーターとして出演いたします。
    詳しくは下記URLよりご確認ください。
    KKB鹿児島放送 トップページ

    http://www.kkb.co.jp/index.php

    ドキュメントかごしま

    http://kkb.co.jp/jisya/tokuban/2017/doc05/
    ※ドキュメントかごしま放送終了後、リンクが切れますことをご了承ください。
  • ・岡院長が、Year note2018の免疫・アレルギー疾患・膠原病編(2018 Year note 27th edition)の監修を務めました。詳しくはこちら
  • ・岡院長が、KSK 線維筋痛症友の会会報53号 に寄稿いたしました。
  • ・ドクターズファイルに、岡院長のインタビュー記事が掲載されました。詳しくはこちら(外部サイトへのリンク)
  • ・2017/1/13 メディカルトリビューンに、「"痛み"に抗うつ薬の処方が可能に~非がん性の疼痛治療薬の適材適所に使い分けるコツとは~」と題した岡院長による記事が掲載されました。詳しくはこちら
  • ・川崎市が運営しているかわさき福祉情報サイト「ふくみみ」に、岡院長が講師登録をしています。詳しくは「ふくみみ」(URL:http://k-fukumimi.com/)から、講師検索(カテゴリー:難病)の一覧にてご確認いただけます。
  • ・再発性多発軟骨炎(RP)患者会 会報Vol.8 2016年10月号に、岡院長の記事が掲載されました。
  • ・岡院長が、KSK 線維筋痛症友の会会報52号 に寄稿いたしました。
  • ドクターサロン vol.60 9 2016 に岡院長のインタビュー記事が紹介されました。
  • ・岡院長が、日本テレビのザ・世界仰天ニュース「頑張る女子スペシャル・誰にも理解できない病気の苦しみ」(2016年8月24日(水) 21:00 〜)で紹介されます。
  • ・岡院長のミルタザピンに関する論文がPub medにて公開されました。詳しくはこちら
  • ・東京医学社が発行している「成人病と生活習慣病 2016 Vol.46 No.7」の特集で、岡院長の論文が掲載されました。
  • ・中外製薬が刊行している「RAナーシング」No 27に、岡院長の記事が掲載されました。

セミナー情報

  • ・10月16日(火)、日本イーライリリー株式会社が主催するWeb講演会において、岡院長が座長として出演いたします。詳しくはこちら
  • ・10月23日(火)、塩野義製薬株式会社が主催する「慢性疼痛を考える会」にて、「慢性疼痛症、特に線維筋痛症のマネージメント」をテーマにした講演をいたします。詳しくはこちら
  • ・9月29日(土)に開催される日本線維筋痛症学会第10回学術集会において、岡院長がランチョンセミナーとイブニングセミナーにて講演を行います。詳しくはこちら
  • ・9月30日(日)、「線維筋痛症のBetter for Life ~社会復帰への思い~」をテーマにした線維筋痛症学会・市民公開講座の座長・演者として岡院長が登壇いたします。詳しくはこちら
  • ・3月23日(金)、第11回市原リウマチカンファレンスにて、岡院長が司会を担当します。当カンファレンスは2部制となっており、第1部はリウマチ患者様の対応についてのディスカッション、第2部はリウマチ性疾患の講演会となっております。詳しくはこちら(第1部第2部)。
  • ・2月14日(水)、京橋薬剤師会、久光製薬株式会社が共催する講演会にて、岡院長が「慢性疼痛症、特に線維筋痛症」について講演いたします。詳しくはこちら
  • ・2月9日(金)、市原市若手医師の会が主催する講演会にて、岡院長が「関節リウマチの内服治療と生物学的製剤の選択」について講演いたします。詳しくはこちら
  • ・2月6日(火)、第一三共株式会社が主催する「Bone Health Lecture Meeting」にて、岡院長が「非専門医のための関節リウマチ初期治療」について、座長として登壇いたします。詳しくはこちら
  • ・11月30日(木)、からだの痛みを考える会、日本臓器製薬株式会社が共催する「第2回からだの痛みを考える会」にて、岡院長が「線維筋痛症の診断と治療」について講演いたします。詳しくはこちら
  • ・9月30日(土)、川田じゅんこクリニック様、NPO法人線維筋痛症友の会様が共催する 第2回痛みの集い 下関交流会にて、岡院長が講演いたします。詳しくはこちら
  • ・5月14日(日)、京都府保健事業協同組合主催の医療セミナーにおいて、慢性疼痛、線維筋痛症の治療について講演いたします。詳しくはこちら
  • ・4月17日(月)、岡院長が、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、小野薬品工業株式会社共催のセミナーにおいて「リウマチ診療最新情報と診療コミュニケーション」について講演いたします。詳しくはこちら
  • ・3月19日(日)名古屋市医師会協同組合が主催するセミナーにおいて、岡院長が「慢性疼痛、線維筋痛症に対しての治療」について講演いたします。詳しくはこちら。
  • ・2月19日(日)岡院長が、大阪府医師協同組合が主催する「OMC医療セミナー2016」において、「慢性疼痛、線維筋痛症に対しての治療」について講演いたします。詳しくはこちら。
  • ・2月6日(月)岡院長が、第一三共株式会社が主催する「骨粗鬆症アカデミー2017」において、特別講演Ⅰの座長として登壇いたします。詳しくはこちら。詳しくはこちら。
  • ・10月23日(日)岡院長が、NPO法人線維筋痛症友の会東北支部とCFS支援ネットワークが共催する慢性疼痛・疲労の医療講演会in青森において、「慢性疼痛における痛みと疲労に対する工夫」について講演いたします。
    詳しくはこちら。
  • ・10月16日(日)岡院長が、第18回 線維筋痛症友の会東北支部医療講演会・相談会・交流会において、「慢性疼痛、線維筋痛症どう対処すべきか?」について講演いたします。
    詳しくはこちら。
  • ・10月1日(土)Fibromyalgia Research Symposium 2016 in 長崎ランチョンセミナー、スポンサードシンポジウムに登壇します。
    [ 外部ホームページにリンク ]
  • ・9月10日(土)当院に、国会議員、都議会議員、市議会議員、区議会議員の先生方をお招きして、「痛みの勉強会」と称するセミナーを開催いたしました。詳しくはこちら。
  • ・9月17日(土)、9月18日(日)日本線維筋痛症学会第八回学術集会ランチョンセミナー1、イブニングセミナー5、ランチョンセミナー5に登壇します。
    詳しくはこちら。
  • ・9月18日(日)日本線維筋痛症学会第八回学術集会シンポジウム8に登壇します。
    [ 外部ホームページにリンク ]
TOP